産婦人科の特徴

当産婦人科の特徴

  1. 当院は地域に密着した医療をめざし提供します。初回診察費用(初診)は規定により高次医療施設より安く設定されています。
  2. 取り扱う産婦人科疾患は、良性疾患から悪性疾患まで対応が可能で、手術療法、化学療法、ホルモン治療を行っています。
  3. 特定健診でがん検診を推奨しています。婦人科がん検診は、子宮頸部は細胞診、子宮体部と卵巣は超音波断層法で異常の有無を確認しています。
  4. 希望されれば乳房検診はマンモグラフィー(MMG)、骨粗しょう症の検診は骨密度測定器(DEXA法)があり、迅速な検査と対応が可能です。
  5. 手術は、開腹手術、内視鏡手術(腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術)、子宮頚部短期入院(日帰り)手術を行っています。

産婦人科のスタッフ紹介

児玉 省二(こだま しょうじ)医師

児玉医師の写真
  • 産婦人科専門医
  • 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医

履歴

氏名 児玉 省二(こだま しょうじ)
学歴 昭和49年03月22日 新潟大学医学部卒業
職歴 昭和49年7月10日 新潟大学医学部産科婦人科学教室入局
昭和59年4月01日 香川医科大学講師
昭和62年4月01日 新潟県立中央病院産婦人科
平成02年1月01日 新潟大学医学部講師
平成06年4月01日 新潟大学医学部助教授
平成10年4月01日 長岡赤十字病院産婦人科部長
平成13年4月01日 新潟県立がんセンター新潟病院産婦人科部長
平成15年4月01日 新潟県立がんセンター新潟病院・臨床部長
平成26年3月31日 新潟県立がんセンター新潟病院退職
平成26年4月01日 新潟南病院産婦人科部長
資格 昭和49年6月07日 医師国家試験合格(医籍登録222114号)
昭和55年11月28日 日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
昭和58年10月11日 医学博士の学位授与(新潟大学)
昭和62年10月01日 日本産科婦人科学会専門医
令和05年4月01日 専門医資格更新(細胞診専門医、産婦人科専門医)
 所属学会 日本産科婦人科学会(功労会員)、日本産婦人科医会(全国がん対策委員)
日本臨床細胞学会(名誉会員)、新潟県臨床細胞学会(前会長、名誉会員)
日本婦人科腫瘍学会(功労会員)、日本婦人科がん検診学会
日本産科婦人科内視鏡学会
役職等 新潟県生活習慣病対策協議会子宮がん部会委員
新潟市子宮頸がん検診検討委員会委員長
専門分野 産婦人科腫瘍学
出身地 佐渡市(旧金井町)
ひとこと 趣味は散歩と減量です

寺島 隆夫(てらじま たかお)医師

寺島医師の写真
  • 日本産婦人科学会認定医
  • 日本母性衛生学会指定医

手術実績

産婦人科手術 2014年4月~2023年3月

外来手術

252例

 

バルトリン腺造袋術

33例

妊娠関連

157例

病変切除

42例

20例
入院手術

1,339例

  子宮脱手術 48例
子宮頸部切除術 ループ電極手術(局所麻酔 日帰り) 107例
円錐切除(全身麻酔・腰椎麻酔 2泊3日) 67例

子宮鏡下手術

 

粘膜下筋腫、内膜ポリープ

546例

粘膜下筋腫、内膜ポリープ(開腹・腹腔鏡併用)

5例

腹腔鏡下手術

 

 

 

 

卵巣腫瘍(傍卵巣)

160例

筋腫

2例

不妊

17例

子宮外妊娠

3例

卵巣出血他

3例

開腹手術

 

 

 

子宮全摘術

159例

子宮全摘術(付属器摘出)

12例

子宮筋腫核出術

67例

子宮筋腫核出術(付属器摘出)

7例

膣上部切断術

40例

付属器腫摘出手術

35例

悪性疾患(上皮内癌、異型内膜増殖症を含む)

46例

その他 4例
その他の手術 外陰癌 1例
掻爬・精検・他 10例
合計 1,591例
  • 全身麻酔 869例、腰椎麻酔 375例、局所麻酔 179例、静脈麻酔 184例、他 4例
  • 子宮鏡下手術:術前 内膜ポリープ 455例 術後 悪性 7例(1.8%)、異型内膜増殖症 2例、APAM 2例
  • 子宮頸部リープ手術:47名/103名(45.6%)は日帰り手術

産婦人科手術 2022年度(2022年4月~2023年3月)

 

腹腔鏡下手術

8例

開腹手術

34例

子宮鏡下

80例

子宮頸部切除

20例

子宮脱

2例

妊娠関連

2例

バルトリン腺造袋術

1例

7例
手術総数 154例

※開腹手術と腹腔鏡下手術は新潟大学医師が執刀されています。