ごあいさつ

理事長あいさつ

ホームページにアクセスしていただき有難うございます。
私たち医療法人恒仁会は、「新潟南病院」「介護老人保健施設女池南風苑」「在宅介護支援センター女池南風苑」「新潟南訪問看護ステーション」「サ高住にいがたみなみ」「にいがたみなみ めいけクリニック」を運営しております。また、24時間保育所「わんぱく園」を併設し、特別養護老人ホーム「美咲の里」を姉妹施設としています。
なお平成30年11月に新潟市中央区女池神明から中央区鳥屋野へ病院新築移転いたしました。

1978年(昭和53年)に新潟南病院を開設以来、新潟市中央区を中心にして

  1. 医療・保健・福祉活動を通して地域の皆様の日常活動を支えさせていただくこと(ありふれた疾患を中心にした診断と治療、要介護状態への支援、疾病と要介護状態の予防と早期発見等で)
  2. 創造力を高め、時代とともに変化できる組織づくりを目指しながら住民の皆様が求められる、あるいは求められる以上のサービスを提供して満足していただくこと
  3. 安全と安心が得られるサービスを、誇りを持って提供させていただくこと

の3つの使命を掲げて活動しております。

法人内に向けては、職員が日常の一つ一つの業務を納得しながらでき、誇りを持って仕事ができる組織づくりと、医療・保健・福祉活動を幅広く行う為に、強固な財務体質と高い競争力を持ち続けられるよう心がけております。
これからも地域の皆様とともに歩みながら、地域の皆様に貢献できますよう職員一同、努力してまいりますので、適宜ご利用いただきますように、そして、ご理解とご支援をお願い申し上げます。

医療法人恒仁会 理事長
渡部 透

院長あいさつ

当院は新潟市中央区、「新新バイバス」の女池インターの近くに位置します。新潟県庁や新潟市民病院からは車で3~5分、新潟大学医歯学総合病院からも車で10分ほどのところにあり交通至便です。わたしたちは3つの使命のもと、地域の皆様の日常の活動を支え、安全と安心が得られるサービスを追求して提供し、皆様に満足以上の充足感を持っていただくことを目標として日々努力を重ねています。

診療科は、内科(一般、循環器、消化器、血液、呼吸器、糖尿病、内分泌、神経内科)、リハビリテーション科、小児科、外科(消化器、肛門科、乳腺)、産婦人科、眼科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、歯科の診療を行っています。助産師による母乳外来もあります。

診療内容は、低侵襲の医療による急性疾患、すなわち日常よく遭遇する疾患(例えば、内科では生活習慣病やそれに合併した心不全、肺炎など)の診断と治療、癌(消化器がん、白血病、リンパ腫、子宮がん、前立腺がんを特に重点的に)の予防と早期発見、治療に力点を置いています。さらには整形外科に脊椎外科の診療領域を追加して、痛みやしびれのある患者さんの手術も行っています。総病床数は177床で、うち一般病床143床(地域包括ケア病棟35床含む)、回復期リハビリ病棟34床です。文字通り、自己完結型の地域医療を行うべく、救急告示施設として内科・小児科の二次輪番をはじめとして救急医療を担うとともに、在宅復帰に向けた回復期のリハビリに力を入れています。心臓リハビリ、運動器リハビリ、脳血管疾患後遺障害リハビリ等を学究的(国内および国際学会で発表)に行い、「独歩リハビリ」と名付けて患者さんの自尊心を守るADL(筋力が脆弱化した状態の患者さんが自立して歩くことで、食べる、排泄する等の機能を取り戻す)の向上に取り組んで成果を上げています。

また、退院後の生活の支援があってこその自己完結、患者満足と考え、強化型在宅療養支援病院として訪問診療に出かけることをはじめとして、訪問リハビリ(PT、OT、ST)に平日はほぼ毎日出かけています。2016年6月には「にいがたみなみ在宅ネットワーク」も発足し、診療所・病院・施設がひとつになって皆様の日常をより健康的に、より自立した生活の支援、指導を行っています。

最後に、当院はドック(脳ドック、肺がんドック等オプションあり)・健診(CAVI/ABI、骨密度、マンモグラフィーなど)も充実しておりますので、まずは転ばぬ先の健康管理にお役立ていただければと思います。

新潟南病院 院長
大西 昌之