保険薬局の方へ

日頃より当院の院外処方せんを応需いただき、ありがとうございます。
当院では薬物療法を円滑に行うため、下記の項目について取り組みを行っております。
保険薬局の皆様におかれましては、各項目についてご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

後発医薬品への変更時における情報提供について

厚生労働省通知「処方箋に記載された医薬品の後発医薬品への変更について(平成24年3月5日保医発0305第12号)」にて「保険薬局において、銘柄名処方に係る処方薬について後発医薬品(含量規格が異なるもの及び類似する別剤形のものを含む。)への変更調剤を行ったとき又は一般名処方に係る処方薬について調剤を行ったときは、調剤した薬剤の銘柄(含量規格が異なる後発医薬品を調剤した場合にあっては含量規格を、類似する別剤形の後発医薬品を調剤した場合にあっては剤形を含む。)等について、当該調剤に係る処方せんを発行した保険医療機関に情報提供すること。

ただし、当該保険医療機関との間で、調剤した薬剤の銘柄等に係る情報提供の要否、方法、頻度等に関してあらかじめ合意が得られている場合は、当該合意に基づいた方法等により情報提供を行うことで差し支えない。」とされております。
このことから、当院では事前にご同意をいただいた保険薬局については「調剤した薬剤の後発医薬品への変更や銘柄等についての情報提供は不要」とさせていただきます。

本件にご同意いただける場合は、下記のリンクより同意書をダウンロードいただき、保険薬局名と押印のうえ、当院薬剤部宛に郵送またはご持参願います。

後発医薬品への変更時における情報提供について(同意書)

トレーシングレポートについて

日頃より当院の院外処方せんを応需いただき、ありがとうございます。
この度、医薬品適正使用の推進並びに医療安全の観点等より、トレーシングレポートを導入することといたしました。
緊急性を要さない服薬状況等に関する報告・処方内容に関する提案・処方変更に関する情報はトレーシングレポートをご活用ください。
トレーシングレポートをご利用の際は、下記のリンクより様式をダウンロードいただき、必要事項をご記入いただいた後にFAXにてご送信下さい。

新潟南病院トレーシングレポート

入院時薬剤関連情報連携書について

当院薬剤部では、入院に際して入院前に使用していた薬剤(持参薬)の鑑別を行っておりますが、入院前のより正確な薬剤使用状況の収集を目的として、保険薬局の先生方に情報提供をお願いする場合がございます。
この中で情報収集に緊急性を要しない場合は、FAX等にて入院時薬剤関連情報連携書をお送りさせていただくこととさせていただきます。
大変お手数をおかけいたしますが、可能な範囲で結構ですので情報収集にご協力をお願いいたします。

提供をお願いする情報の例

  • 副作用・アレルギー歴がある
  • 飲み忘れをする場合が多く、残薬がある
  • 自己調整している
  • 薬に対してこだわりがある
  • OTCや健康食品を続けている

新潟南病院入院時薬剤関連情報連携書

薬剤管理サマリーについて

当院薬剤部では、退院後も薬物療法が円滑に継続できるよう、薬剤師が必要と判断した場合において、入院中に使用した薬剤に関する情報を薬剤管理サマリーとして発行しております。
患者様等より薬剤管理サマリーをお受け取りになった保険薬局の先生におかれましては、返書に退院後の薬剤使用状況等をご記載の上、FAX等にてご返信いただきますようよろしくお願いいたします。
大変お手数をおかけいたしますが、可能な範囲で結構ですのでご協力をお願いいたします。

院外処方せんにおける問合せ簡素化プロトコルについて

当院では、薬剤師による疑義照会は医薬品の適正使用上、薬剤師法に基づく重要な業務と考えております。一方で、処方に対する調剤上の典型的な変更に伴う問合せが増加することは、患者様・保険薬局の先生方・処方医師それぞれに負担をかけている場合があるかと存じます。
そこで、薬物治療管理の一環として、薬剤師法第23条第2項に該当する範囲での調剤上の典型的な変更に伴う問合せを減らし、患者様への薬物療法の充実を図る目的で「院外処方せんにおける問合せ簡素化プロトコル」を運用することといたしました。
本プロトコルを適正に運用するため、プロトコルの趣旨や各項目の内容について薬剤部担当者から説明をお聞きいただい上で、合意書を交わすことを必須条件としております。
ご希望される保険薬局の先生は薬剤部までご連絡ください。