摂食嚥下リハビリテーション研修会

 平成29年2月6日、院内スタッフの知識・スキルの向上を目的に
新潟大学医歯学総合病院 摂食嚥下リハビリ大学院医歯学総合研究科
教授 井上 誠 先生を講師にお招きして「摂食嚥下リハビリテーション」研修会を開催しました。
摂食嚥下の基礎知識から評価方法・治療・訓練に至るまで、様々なご講演をいただきました。
講演後には活発な意見交換もあり、大変に実りのある研修会となりました。

↓研修会の様子です。


 当院は誤嚥性肺炎によって入院される患者様が多くを占めています。
誤嚥性肺炎とは、食べる・飲み込むための機能が弱まることで誤嚥(穴違い)を
繰り返し、肺炎を起こすことです。
特に高齢者の方々に多くみられ、命にかかわる場合もあります。
当院では、誤嚥性肺炎の治療はもちろんのこと、予防に繋がる摂食嚥下リハビリテーションに力を入れています。

 当院では、今後もリハビリ部を中心に院内全体で「摂食嚥下リハビリテーション」に取り組んでいきたいと思っております。



トップページへ戻る